読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AIの導入で決定的に変わるといわれている業務とは?

 

f:id:ronnieeda:20170207174153j:plain

  

人工知能(AI)の開発がどんどん進み、私たちの仕事や生活に取り入れられることで多くの変化が訪れるといわれている。

 

では、今後AIの導入により絶対的な影響を受けるといわれている分野はなんだろうか?

 

こちらの記事(「Eight Industries That AI Will Change Forever」)では、以下の8つの分野を挙げている。

 

1. IoT

AIを用いたIoTをつうじて、消費者の行動パターンが追跡され、さらにそのデータの分析が行われる。機器の利用者がどう考えどう行動するのかを観察し、その結果がIoT機器の反応をより精度の高いものにしてくれることになる。その好循環が繰り返されていくと予想される。

 

2. 売上管理

セールスの進捗管理は外注する傾向が高くなっており、そのサービスを提供する会社も多く現れている。売上管理を改善するのはどの会社にとっても最重要事項だが、ここにAIが導入されることで、顧客のオンラインでの行動パターンやプロフィールをつぶさに分析し、チャンスを逃さず攻めのセールスを行うことができるのである。

 

3. バーチャルアシスタント

現時点ではAIが人の仕事を完全に引き継ぐことができる段階にまでは至っておらず、その意味ではアシスタント業も同じ。しかしAIが導入されれば、人ではとても処理できない量のデータを数秒で処理し、クライアントに必要な決定を瞬時に下すことができる。これは大幅なコスト削減につながり、利用者にとっての恩恵は大きい。

 

4. 中小企業向けシステム

アメリカの全企業のうち、従業員数が500名未満の会社は全体の99.7%を占める。こういった中小企業を主な対象としたアプリケーションには大きなポテンシャルがあり、AIの導入もまた例外ではない。

 

5. 自動運転車

例えば2015年のアメリカでは、交通事故で3万8千人が死亡し440万人が負傷している。自動車事故による死亡者数が年々増加しているアメリカ社会では、AIが作動させる自動運転車の登場は、負傷者を含めた犠牲者数の減少に貢献してくれるはずである。

 

6. 運搬・運送業

これは現在開発競争が進んでいる自動運転車についての話だけではない。大規模な貨物の運搬やトラックなどによる道路での運送などにおいて、細かい配置の決定や運送ルートの管理などにAIは活躍すると見られている。

 

7. 企業の安全分析業務

不正行為の発見など、すでに企業の安全分析業務にはAIが導入され始めているが、今後はさらなる拡大が予想される。安全分析のためには企業の内部で起こっていることに関する細かい情報共有が必要になるが、AIによる膨大な量のデータ読解はそれを容易にし、必要な判断をより早く可能にしてくれるのだ。

 

8. ヘルスケア業界

AIの普及の恩恵を最も受けるのがヘルスケア業界であるといわれている。ヘルスケアは誰にとっても重要であり、またお金がかかってしまうことであるため、AIの導入によるサービスの効率向上は大いに歓迎される。

 

 

 

 

www.forbes.com