ガンも人工知能とコード解析で治療の時代へ マイクロソフトやIBMがプログラム開発目指す

f:id:ronnieeda:20160921173907j:plain

 

マイクロソフトによれば、ガンはコンピュータ・ウィルスのようなもので、コードを解析することで“解明”することができる、という。

 

マイクロソフトの研究者たちは、人工知能を用いてガン細胞を特定しガンを除去するという医療分野での新事業を進めている。

 

この事業では、機械学習自然言語処理を利用して今まで入手した大量のデータを取捨選択し、ガン患者一人ひとりに適した治療プランを提示する、というプロジェクトが行われている。

 

IBMは「ワトソン・オンコロジー」(oncology = 腫瘍の研究)と呼ばれるプログラムを開発中で、こちらも患者の健康状態を今まで蓄積された研究データに対照して分析するものだ。

 

マイクロソフトが行っているその他の医療分野事業では、腫瘍の進行ぐあいを時間の経過とともにチェックする放射線医学用のコンピュータ・ビジョンや、コードを使ってコンピュータのプログラミングをするように、生物学上のプログラミングを行うという試みもある。

 

研究者たちは、人間の体の持つ免疫システムでは治すことのできない細胞をプログラムによって再構築することを目指している。

 

マイクロソフトが行っているクラウド・コンピューティングへの投資が、この種のプロジェクトにぴったりと合っており、また顧客にこのようなツールを提供できるように投資を進めていく予定である、と述べている。

 

   

 

techcrunch.com