EU圏内 2020年までにWiFiが無料化 ユンケル委員長が提案

f:id:ronnieeda:20160920144238j:plain

http://metro.co.uk/2016/09/15/eu-promises-free-wifi-and-5g-for-everyone-thanks-brexit-6130494/

 

ヨーロッパ共同体(EU)のジャン=クロード・ユンケル委員長は、EU圏内の公共施設での無料WiFi提供計画を発表した。

 

データローミング(サービス圏外でもデータ通信サービスが可能になるサービス)の手数料も廃止し、5Gの接続が誰にとっても可能になることを目指す。

 

ユンケル委員長は5G通信はみんなが求めているものだ、と述べている。

 

「2020年までにEUの市町村すべてにWiFi設備を設置することで、公共施設の主な場所でのインターネットアクセスを可能にする提案を、本日行った」

 

この提案で対象となる市町村は全EUで6,000ヶ所に及ぶと見られる。

 

本件に関する予算は1億2千万ユーロ(約136億円)。

 

「デジタルテクノロジーやコミュニケーションは、日常生活のあらゆる側面に浸透している。EUの人たちに必要なのは高速インターネット接続だ」

 

また同時に:

  • すべての家庭で100Mbpsのダウンロード
  • デジタル接続が可能なすべての病院・行政機関・公共施設で1GBpsのダウンロード&アップロード
  • 主要な道路・鉄道でスムーズな5Gアクセス

といったものも今回の計画の一部として提案されている。

 

なお、2020年以降のサービス開始であるため、EU脱退が決まっているイギリスはこの恩恵を受けられなくなる。

 

EUは2015年にヨーロッパ圏内でのデータローミング手数料の廃止をいったん決定したが、その後手数料がかからないのは1年間に90日間のみという制限が設けられることになった。

 

しかしこの制限はEU内の他国に留学している学生や、同じくEU圏内の他国に長期滞在する年金生活者から搾取するものだとして批判を浴びていた。

 

そのためこの制限を廃止し、新しい案が検討されてきた。

 

(参照)

Jean Claude-Juncker European Union promises free WiFi and 5G for all | Metro News

New EU rules decree free, public 100Mbps Wi-Fi in every town in Europe | ExtremeTech