ビル・ゲイツが1999年に予測したことが現在実現している7つの例

// ビル・ゲイツは1999年『思考スピードの経営: デジタル経営教本』という著書を出版した。 その中で彼は将来を的確に予言している。 思考スピードの経営 - デジタル経営教本 (日経ビジネス人文庫) 決して適当な思い付きや漠然とした想定ではない。 最新の発…

イーロン・マスク AIは人類に対する脅威 早めの規制を訴える

// テスラやスペースXのCEOであるイーロン・マスクは、人工知能(AI)は人類の文明に対する根本的なリスクであり、成り行きにまかせて悪いことが起こるのを放置してはいけない、と語った。 「AIが支配する世界になってから私たちが反応し始めても、それでは…

欧米をターゲットとする大規模サイバーアタック ウクライナの会計ソフトが原因か?

世界規模で発生している今回のサイバーアタックは各国の企業に影響を与えているが、その始まりはバグのある会計ソフトのアップデートだった可能性が高いようだ。 最初の感染元と目されているのは、ウクライナ製の税務会計ソフト「MEDoc」。 MEDoc社はこれを…

ワールド・ワイド・ウェブの生みの親 ティム・バーナーズ=リーが語る「ネットの将来」

ワールド・ワイド・ウェブの考案者であるティム・バーナーズ=リー氏は、人工知能(AI)システムが意思決定機能を持ち、経済システムに与える影響について語った。 バーナーズ=リー氏は、どの企業を買収するべきかをAIが論理的に判断できるようになると予想…

テクノロジーの発達によって私たちのセックスライフはどうなるのか?

いわゆる「第四産業革命」のひとつとして、セックスロボットの台頭というものがある。 スイスにある応用科学・芸術大学のオリヴァー・ベンデル教授は、アイコンタクトで私たちの欲望を読み取ることができる完璧なセックスロボットが今後20年以内に登場する、…

「ハッキングされたロボットが人を襲うことも可能」 米ITコンサルティング会社が警告

ロボットが私たちに代わって部屋の掃除をし、病院では手術を行い、さらには高層ビルの建設も行うという時代は、そう遠くない将来訪れるといわれている。 しかしセキュリティの専門家たちは、ロボットが人を襲ったり、家庭の安全を脅かしたりすることも可能だ…

ビットコインが初めて金の価値を超える 2017年に入って順調に価格が上昇

デジタル通貨「ビットコイン」の価値が、初めて金の価値を回った。 3月2日(木)金の終値は1,233ドルだった一方、ビットコインの終値は1,268ドルであった。 この価値上昇は中国でビットコインの需要が増加していることが原因とみられている。 中国当局は、ビ…

イギリス政府 自動運転車向けの保険制度確立へ動き出す

イギリス政府が自動運転車用の制度確立へ向けて動き始めた。 自動運転車のためには「自動で運転しているとき」をカバーする保険と「人が運転しているとき」をカバーする保険の二種類が用意される、と考えられている。 最近英国国会に提出された法案でもこの2…

単純作業の仕事だけではない 頭脳の必要な仕事もAIに奪われる可能性あり オックスフォード大学

人工知能(AI)の発達によりいわゆる単純作業の仕事は人の手から離れていくといわれているが、頭脳をつかう高度な仕事も同様に人から奪われてしまう可能性が高い、というレポートが発表された。 オックスフォード大学のカール・フライ教授は、年収4万ポンド…

AIの導入で決定的に変わるといわれている業務とは?

人工知能(AI)の開発がどんどん進み、私たちの仕事や生活に取り入れられることで多くの変化が訪れるといわれている。 では、今後AIの導入により絶対的な影響を受けるといわれている分野はなんだろうか? こちらの記事(「Eight Industries That AI Will Cha…

チェス、囲碁に続きポーカーでもAIが人に勝利 「不完全な情報」でも戦略を練ることが可能

「リブラタス」と呼ばれたソフトウェアと、カジノゲームのトップ4人との対決が行われた。 結果は、最後の数時間でリブラタスが150万ドルを勝ち取って終了した。 人にとっては大きな敗北となったが、人工知能にとっては画期的な勝利となった瞬間である。 【不…

これはダメ! 2016年にハッキングの犠牲になったパスワードがシンプルすぎる

2016年にハッキングの犠牲になったアカウントは1千万を超えるという。 それらのアカウントで使われていたパスワードは、まるで「ハッカーさん、いらっしゃい」といわんばかりの単純なものばかりだった。 そのうちの17%を占めた1位は「123456」。 ほかにもト…

自動運転車について知っておきたい11のこと

新しい技術というものは、文字どおりいつの間にか私たちの手元に届いている。 おそらく自動運転車もまた、いつの間にかふつうに公道を走っている日が訪れるだろう。 イギリスの新聞「ザ・ガーディアン」による以下の記事では、多くの人たちが現在(2017年1月…

富国生命の「人工知能導入→人員削減」のニュースをあらためてチェックしよう

富国生命が人工知能を導入して査定業務の人員を削減するというニュースは、海外でも報道された。 イギリスのガーディアン紙は「労働者が人工知能に取って代わられる時代が現実になろうとしている」と報道している。 以下はその記事。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※…

スペースXで知られる「イーロン・マスク」とはどんな人物?

テクノロジー分野をリードする重要人物のうち、比較的若手の実業家の一人であるイーロン・マスク。 果たしてこの人物はいったいどんなことをしている人なのだろうか? 【スペースXだけではない ほかにもあるマスク氏の事業】 最も知られているのは「スペース…

「セックス・ロボット」が身近な存在になる時代は近い? ここにもAIの倫理問題が

(セックス・ロボット「Roxxxy」とその開発者のダグラス・ハインズ氏) いわゆる「セックス・ロボット」は近い将来身近なものとなり、生身の人間との行為はどんどん減ってゆくだろう、と述べている専門家がいる。 ロボットとの性愛を研究する国際会議なるも…

世界最大のヘッジファンド AIにマネジメント業務を一任 今後変わるマネージャー業のあり方は?

世界で最大規模のヘッジファンドが日常のマネジメントを自動的に執り行うソフトウェアを開発し、採用・解雇や戦略的意思決定までを人工知能(AI)に一任する時代が来るようだ。 ヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエイツ」はソフトウェア・エンジニ…

ドイツのメルケル首相 検索エンジンのアルゴリズムの公開を要求 「健全な民主主義を損なう可能性」

ドイツのアンジェラ・メルケル首相は、インターネット運営会社各社に対しアルゴリズムの内容を公表するよう要求した。 アルゴリズムに透明性が欠けるせいで自由な議論が危険にさらされている、というのがその理由である。 メルケル首相は、ネットのユーザた…

ホーキンス博士 AIがもたらす「利点」にも期待

ホーキンス博士は人工知能(AI)が人類にもたらす危険性についてしばしば警告してきた。 その一方で、AIのもたらす良い点についても大きな期待を寄せていることが分かった。 スティーブン・ホーキンス博士はケンブリッジ大学の「Leverhulme Centre for the F…

IT5大企業が参加するAIパートナーシップ アップルとスペースXは不参加

いわゆるIT業界の“5大企業”が人工知能(AI)の未来に向けてパートナーシップを組むことが発表された。 同時に、同じくIT業界に大きな影響を持つほかの2社がこのパートナーシップに参加していないことも大きく注目さている。 グーグル、フェイスブック、アマ…

イギリスで「ロボットの倫理基準」が公式に発表 新たに見えてくるAI搭載ロボットの問題点

SF作家アイザック・アシモフはその著作の中で、よいロボットのあり方についての基本的なルールを提示した。 いわく:人を傷つけない、命令に従う、私たちを守る、の3原則である。 一方イギリスのブリティッシュ・スタンダード・インスティテュートはこのたび…

ガンも人工知能とコード解析で治療の時代へ マイクロソフトやIBMがプログラム開発目指す

マイクロソフトによれば、ガンはコンピュータ・ウィルスのようなもので、コードを解析することで“解明”することができる、という。 マイクロソフトの研究者たちは、人工知能を用いてガン細胞を特定しガンを除去するという医療分野での新事業を進めている。 …

EU圏内 2020年までにWiFiが無料化 ユンケル委員長が提案

(http://metro.co.uk/2016/09/15/eu-promises-free-wifi-and-5g-for-everyone-thanks-brexit-6130494/) ヨーロッパ共同体(EU)のジャン=クロード・ユンケル委員長は、EU圏内の公共施設での無料WiFi提供計画を発表した。 データローミング(サービス圏外…

低画素数・ぼかし加工も人工知能を使えばほぼ認識可能 新たなセキュリティ・リスクの懸念

低画素数加工やぼかし加工をしてある画像でも、比較的容易に入手できるシステムを使えばその加工を取り除くことが可能である、という研究結果が発表された。 これにより顔や自動車のナンバープレートなど、現在は加工によって判別不能になっている個人情報に…

フェイスブック 各ユーザにつき98種類の情報を収集 最適な広告表示のために使用

フェイスブックは各ユーザについての情報を大量に集めており、それは「あなたが何を食べているか」「どのようなタイプの親か」また「あなたの政治的立場は何か」などを推定するために使われている。 各ユーザにつき最低98種類の情報を集め、個人々々に合った…

アマゾンEcho ヨーロッパに上陸 AIハブ「Alexa」と接続するサービスを開始

自分の召使を雇うなどと言うのは、一部の金持ちだけに許された贅沢だったはず。 しかしこのたび、ひとこと指示を出せばその“お言いつけ”にしたがってくれる機器がAmazonから発売されることになった。 召使とまでは行かないまでも、エアコンの調節や宅配ピザ…

自動運転車だけではない 人工知能の活躍が予想される5つの例

自動運転車だけが人工知能(AI)の世界を推し進めているわけではない。 企業で使われるITの世界において、AIはあまり目立って表舞台には出てこないが、自動運転車と変わらずドラマティックな展開を進めているのである。 「5 ways artificial intelligence wi…

身売りが噂されるツイッター 起死回生のチャンスはどこにあるのか

ツイッターについては、身売りが検討されているといった報道がある一方、具体的に買収に前向きな投資家や企業はまだいないようである。 最近行われた取締役会では身売りについてではなくコスト削減が議題に上ったといわれ、このニュースが報じられるとツイッ…

フィンテックは金融業界をどう変えるか コンピュータがマーケットを支配する時代は来るのか

いわゆる「ロボ・トレーディング」の提唱者たちは、コストの削減ともに、アルゴリズムによってトレーディングに必要な流動性がもたらされたことがメリットである、と主張している。 つまりアルゴリズムが取引を行うため、購入する人と売却する人の両方が常に…

フィンテックは金融業界をどう変えるか 金融トレーダーの世界は今

大きな金融機関は常にライバルたちの先を行こうと目を見据えている。 情報は力である以上、より多く情報を保有し他社よりも早いタイミングで業務に取り掛かることが出来れば、競争に勝つことができる。 そんな金融機関では今、ロボ・トレーディングが大活躍…