読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインが初めて金の価値を超える 2017年に入って順調に価格が上昇

f:id:ronnieeda:20170304172349j:plain

 

デジタル通貨「ビットコイン」の価値が、初めて金の価値を回った。

 

3月2日(木)金の終値は1,233ドルだった一方、ビットコイン終値は1,268ドルであった。

 

この価値上昇は中国でビットコインの需要が増加していることが原因とみられている。

 

中国当局は、ビットコインの普及は自国マネーの国外流出につながる可能性があると警戒を強めている。

 

最近の価値上昇はビットコインにとっての大きな復活となった。

 

2014年にはビットコイン最大の取引所が崩壊したことで、価値が大きく下落していたのである。

 

ビットコインは2009年に登場したが、その価値はつねに激しく変動してきた。

 

専門家の多くはこの「暗号通貨」が果たして長続きするのかどうか、いつも疑問視してきた。

 

2017年初め、中国当局は自国マネーの国外への不正流出を防ぐ目的で、ビットコイン取引の取り締まりを行った。

 

しかし当局からの調査・監視が行われても、ビットコインの価値は短期間だけしか下落せず、1月中には過去最高値を記録するに至った。

 

そのあとも、順調に価値を上げ続けてきているのである。

 

ビットコインはその匿名性や政府による規制がないことなどにより、一部の利用者に受け入れられている。

 

 

ビットコインのしくみとは?>

「新通貨」といわれるビットコインは、ふつうの通貨とおなじく、人々がどれくらいその通貨を求めているかで価値が決まる。

 

ビットコインの取引を行うためには、いわゆる「マイニング(採掘)」と呼ばれる手続きを行わなければならない。

 

このマイニングでは、コンピュータが難解な数学上の問題を64桁の解によって解くことで処理が行われる。

 

それぞれ解答が出された問題に対し、ビットコイン1ブロックが処理される。

 

そしてマイニングを行ったユーザには新しいビットコインが発行されることになるのだ。

 

コンピュータチップの能力が次々と向上してゆくなか、新しいビットコインの発行が安定して行われるよう数学の問題の難易度は調節されている。

 

現在、約1,500万ビットコインが流通している。

 

ビットコインを手に入れるためには、ユーザはビットコインアドレス(27~34の文字と数字の羅列)を持っている必要がある。

 

このアドレスが仮想の受信トレイとなり、ここを通してビットコインを受け取ることになる。

 

アドレスの登録簿などは存在しないため、ユーザは取引をするときも匿名で行うことが出来る。

 

自分の貯蓄残高については「ビットコインウォーレット」で管理することができるようになっている。

 

 

 

 

www.bbc.com